Spamfighter Outlook用 迷惑メール対策ツール

>>メール勉強部屋に戻る >>スパムファイター簡易利用説明
Outlook・OutlookExpress対応迷惑メール(スパムメール)
SPAMfighter Standard (スパムファイター スタンダード 個人ユーザーは無料)の特徴は
SPAMfighterユーザー間でスパム情報を共有することが出来るとの事です。
また、セットアップも簡単でOutlook・OutlookExpressのメールアカウント設定の受信メールサーバーを「127.0.0.1」と設定変更する必要もありません。

スパムファイターを利用しているユーザーがスパムと判断したメールは、Outlook( OutlookExpress )にある【 Block 】ボタンを選択することにより、スパムフォルダへ移動処理されると同時にスパム登録され、後に登録されたスパムアドレスからのメールは自動的にスパムフォルダへ移動処理されます。

また同時にSPAMfighterサーバに情報を送り、他のスパムファイターユーザーにもスパム情報を提供することが出来、複数の別ユーザーによってスパムと判定されたメールアドレスは、全てのスパムファイターユーザーから参照され、スパムメールが受信される前にそれぞれスパム処理されるとの事です。



以下のサイトからダウンロードすることが出来ます。
http://www.spamfighter.com/
SPAMfighterページ中ほどに【 Download SPAMfighter 】項目をクリック


【 Start Download Now 】を選択


【 保存 】を選択してマイドキュメントに保存

保存メニュー
マイドキュメントを選択し、右下の【 保存 】を選択



インストール方法
spamfighterダウンロード先フォルダ(マイドキュメント)を開いてspamfighterセットアップアイコンをダブルクリックしてインストールを実行します。


※XP SevicePack2のみ以下の警告画面が表示されます。
【 実行 】を選択


言語選択「英語」を選択し、【 OK 】を選択。
※ドイツ・フランス・ノルウェイ等の言語もあります。


【 I accept the tems in the license agreement 】(利用規約に同意する)にチェックを入れ
【 Next 】を選択


【 Next 】を選択
※詳しいユーザーは「Change」項目からインストール先フォルダを変更する事が出来ます。


【 Install 】を選択


【 Finish 】を選択しインストール完了。次に初期設定を行います。


次にユーザーアカウントを作成します。
I wish to create a new account を選択し
【 Next 】をクリック


以下の3項目に入力します
Email→スパムファイターユーザーの連絡先メールアドレス
Password→任意のパスワード(忘れないようにご注意ください)
Confirm Password→上記に入力したパスワードを確認の為再度入力
正しく入力できましたら【 Next 】をクリック


以下の画面表示でユーザーアカウントの作成は完了です。
【 Close 】をクリックして設定完了です。






スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





>>メール勉強部屋に戻る >>スパムファイターの簡易利用説明