スパムファイター 簡易利用説明

>>メール勉強部屋に戻る >>スパムファイタートップに戻る 
スパムファイターの簡易説明
スパムファイターはインストールしてすぐに、迷惑メールを防止する機能が働きますが、、迷惑メール処理されないものに付いては、手動で迷惑メール処理を行うことが出来ます。またこの作業を行うことによりスパムメールとしてSPAMfighterサーバに自動登録され、スパム行為撲滅に役立つと言う事になります。
※但し、送信元を偽装するスパムメールに対しては余り有効とはいえません。Outlookに付属する、メッセージルールなどを上手く併用すれば快適なメール環境となると思います。


迷惑メール指定方法
受信されたスパムメール(迷惑メール)をクリックして選択し
Outlook(OutlookExpress)左上にスパムファイターの処理メニューボタンがあります。
【 Block 】をクリックすると、選択したスパムペールは
SPAMfighterフォルダに移動処理され、以降このメールアドレス宛から受信するメールは
SPAMfighterフォルダに自動的に移動されます。



間違ってスパムメール処理されている場合
SPAMfighterフォルダに間違ってスパム処理されているメールがある場合
該当メールをクリックして選択し、左上メニューの【 Unblock 】をクリックすると
今後スパムメール(迷惑メール)処理されなくなります。



その他オプション設定
オプション設定から、手動でスパムメール指定や解除
スパム対策の感度を選択することが出来ます。
スパムファイターメニュー【 More 】から→【 Options 】を選択


オプション設定を行う際、気をつける点
ClientSettings項目から設定するメールソフトを選択します。
選択出来るのは、Outlook又はOutlookExpressのみです。
該当するメールソフトを選択してから設定変更を行います。


AdvancedSettings項目の【 Open 】を選択すると
プログラムアップデート・スパムメール処理の感度・インターネット接続方法等の
設定変更が可能・
SoftwareUpdateはAutomatically(自動)を選択でOKだと思います。
FiterSensitivityは処理の感度を変更出来ます。Default(中)VeryHard(高)
ConnectionTypeはADSLや光の場合はAlwaysConnectionでOK。


オプション項目に戻りまして
Blacklist項目

EmailAddressesには、メールアドレス例:abc@abc.jp が指定されていると
abc@abc.jpからのメールは全てスパムメールとして処理されます。
Domainsには、メールアドレスの@以降が対照
例:〜@abc.jp アットマークの手前(アカウント名)が何であろうと、
@abc.jpと言うメールは全てスパムメール処理対象となります。
例:aaa@abc.jpであろうとbbb@abc.jp ccc@abc.jp等
Blacklistにドメイン指定することで、メールアドレス関係なくスパム処理させることが可能になります。
具体例 yahoo.co.jpと指定しておくと、yahooメールは全てスパム処理させることが可能

それぞれの項目にメールアドレスやドメインを手動追加したい場合は【 Add 】から行うことが出来ます。
また逆に間違って登録されている場合は、該当のアドレス又はドメインを選択して【 Remove 】を選択して削除することが出来ます。


次にWhitelist項目の説明
ホワイトリストに指定されているアドレス・ドメイン名は無条件で受信させることが出来ます。
EmailAddresses・Domainsの意味ははそれぞれ上記で説明したブラックリストの説明と同じ
無条件に受信させたいアドレスやドメイン名を手動で追加する場合は【 Add 】から、、もしくは削除する場合は【 Remove 】で行います。


以上簡単ですが、スパムファイターの説明は終わりです。




スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader





>>メール勉強部屋に戻る >>スパムファイタートップに戻る