OutlookExpress 重複メール設定の治し方









Windowsで標準利用できるOutlookExpressで、何らかの原因で二個以上のメール設定が作成されてしまっている場合で、正しくメールを送信や受信を出来なくなった場合や何れかの設定を削除して解決するもしくは改善する手順を説明致します。




メールアカウントとは、メールを利用できる権利と言う意味なのですが、メールの設定を総じてメールアカウントと指すことがあります。

一般的にメールアカウント設定は一つしか存在しないのですが、プロバイダからある初期セットアップCDやプログラムを実行することによりまれに二つ以上のメールアカウントがOutlookExpressに作成されてしまう事があります。

また、別のプロバイダに乗り換えた際に既存のメールアカウントをOutlookExpressから削除せずにプロバイダからの初期セットアップCDやプログラムを実行された際に二個以上作成されて冒頭申し上げたトラブルが発生する事があります。

トラブルが発生していなくて、特にメールの送受信に問題がないけど、何らかのパソコンウイルスが原因かもしれないので不要アカウントは消去したい等の方も以下の方法を参照し改善頂く事が出来ます。

設定手順の説明
まずメールアカウントのバックアップ ( 設定内容を保存の意味です ) を取ります。その上で、一度アカウント設定を全て削除しバックアップしたデータから個別に問題のある設定を特定し、改善を試みます。
バックアップ手順
まずツールからアカウントをクリックします。


次に小さな画面で以下の画面が表示されます。「メール」と言うメニューをクリックして下さい。
以下の様に設定数(2アカウントの設定)を確認する事が出来ます。表示される数だけ全てバックアップします。


まず一つ目の設定をクリックして選択し、右側のエクスポートをクリックしてください。


設定の保存画面が表示されます
ファイル名を1と変更し保存をクリック。
注)ファイル名は変更しなくてもバックアップは可能なのですが、複数アカウントが存在する場合どれを確認したのかわからなくなるので、設定毎に1、2、3・・として保存することで確認作業がスムーズに完了できると思います。
保存先はマイドキュメントもしくはわかりやすい任意のフォルダで構いません。


次に別の設定もバックアップします。


二つ目の設定はファイル名2として保存してみましょう。
保存先は、一つ目を保存したフォルダと同じにしておくと便利です。


次に既存の設定を全て削除します。
注!!削除する前に念の為設定が正しくバックアップされているか確認してからお願い致します。確認方法サンプル画面
以下図の様に、既存アカウント設定をクリックして削除します。以下の手順で全て削除してください。


以下の様にメール欄を選択しても、何も無い様に全て削除します。削除完了できましたら、まず一つ目の設定が正しいのかを確認します。バックアップした設定ファイルを使用して一つ目のメール設定を復元します。
インポートをクリックしてください。


以下のファイル選択画面が表示されるので、先ほどバックアップを保存したフォルダ(マイドキュメント等)あら1のファイルをクリックして開くをクリックしてください。


以下の様に何も設定が存在しなかった項目に一つだけ設定が作成(復元)されます。一度この画面を閉じて、テストメールを行います。閉じるボタンをクリックしてください。


次にテストメールを行います。
メールの作成をクリックしてください。


メッセージの作成画面が表示されます。宛先にご自身のメールアドレスを入れてください。
?自分にメールを送る?
自分宛にメールを送るにしても、一旦メールサーバにメールが送信されます。その場合送信設定が間違っている場合は送信エラーとなりますし、帰って来る場合も受信設定が間違っている場合にエラーが存在しないかをチェックすることが出来、効率よくチェックすることが出来ます。


テストメール例
私のメールアドレスはmaster@ratan.dyndns.infoになるので、宛先に自分のメールアドレスを入れて、件名や本文は任意の文字を入力して送信ボタンをクリック


次に送受信ボタンをクリックしてみてください。エラーにならずに以下の様にテストメールを受信できましたらこれで作業完了です。


もしも送受信をクリックされてエラーとなるようでしたら、まず送信トレイを開いてテストメールを削除し、送受信ボタンのみクリックしてエラーの有無を確認下さい。
送受信ボタンのみクリックでエラーが発生しない、もしくは何かメールを受信した場合はテストメールの宛先アドレスが間違っています。確認の上テストメールを再試行下さい。


もし上記を試行されても、改善無い場合は確認したメールアカウントは無効の可能性が高いです。既存設定を削除して、別のバックアップ設定を復元してテストメール等上記の手順を行います。

ツールからアカウントをクリックします。


メール項目から既存設定をクリックして削除します。


以下の何も無い状態にしてインポートをクリックし、2のバックアップファイルから設定を復元します。


次にファイル選択画面が表示されるので2のファイルをクリックして開くをクリックしてください。


以下の様に復元できましたら閉じるをクリックし、こちらの手順を参照しテストメールを再度行いトラブルが発生しなければ作業完了です。


簡単ですが説明は以上です。

最後に、バックアップと取った設定ですが、なるべくであれば削除しておいてください。このバックアップファイルにはメール情報が入っている為、もし万が一ファイルを盗まれるとメールを外部から盗まれてしまう為です。

削除方法は、エクスポート先のマイドキュメントフォルダを開いて、保存した1や2のファイル名(もしくはメールアドレスのファイル)を削除。
保存先がマイドキュメントであれば、以下の様に開いてファイルを右クリックして削除をクリックしてください。

▲ページトップへもどる


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader