スパムメール対策 送信者の禁止


OutlookExpress6でスパムメール対策。
送信者の禁止を使う。
スパム送信者はフリーメール等を利用して、発信元等のメールを変更してしまう為、余り有効な手段とはいえないのですが、一時的にスパムメールを低減させる事が可能です。

もっとも簡単な対策方法なので、参照してみてください。また誤って「送信者禁止」を設定した場合の解除方法も念の為アップしております。

【 送信者禁止 】設定方法
受信されたスパムメールをクリックして選択し、「メッセージ(M)」メニューをクリックして下さい。


表示されたメニューの「送信者を禁止する(S)」をクリックして下さい。


確認メッセージです。「はい」をクリックすると、選択された送信者メールが削除済みアイテムBOXに移動されます。


OKをクリックして設定完了です。



禁止された送信者からのメールは一旦削除済みアイテムに残されてしまうので、オプションのメンテナンスから、OutlookExpressを終了時に削除済みアイテムを空にするを選択します。すると自動的に削除されます。


オプション画面の「メンテナンス」をクリックします。
【 終了時に[削除済みアイテムを空にする] 】にチェックを入れ
右下の「適用」をクリック、「OK」ボタンをクリックして設定完了です。
削除されたメールは復活できませんので、この設定はユーザーの自己判断でお願い致します。


万が一誤って設定してしまった場合の解除方法。
OutlookExpress「ツール」をクリックして「メッセージルール」を選択すると右側にメニューが表示されます


表示されたメニューの「禁止された送信者の一覧」をクリックして下さい。


受信拒否しているメールアドレス一覧が表示されます。
解除したいメールアドレスをクリックして選択し
「削除」ボタンをクリックして下さい。


確認画面が表示されます。受信拒否を解除するアドレスに間違いないかを確認して
「はい」をクリックして下さい。


「OK」をクリックして解除設定完了です。


この方法はあくまでも一時的な対策に過ぎず、送信者メールアドレスが一文字でも異なる場合は通り抜けて受信されてしまいます。迷惑メール(スパムメール)の根本的な対策方法と致しましては、極力インターネット等にメールを書き込まない、万が一サイト等に記載するのであれば、全角入力モードで書き込むようにすればある程度低減する事が出来ます。
例:master@ratan.dyndns.info
↓(日本語入力モードで「F9」キーで全角入力になります。)
master@ratan.dyndns.info
上記のようにすれば検索ロボットを使いWebに掲載されているメールアドレスを拾い集めているスパム対策にも有効です。


スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader