エラーメールを返信する設定の準備






メール洗濯ソフトに追加したメール設定に対して、エラーメールを送信させる準備設定の説明です。この作業はメールの設定を追加する毎に行います。

スポンサードリンク

メール洗濯ソフトの以下の項目からアカウントを洗濯します。


アカウントの画面です。基本的に無料バージョンは一つのメール設定しか保存できません。既に何らかのメール設定が存在する場合は削除してください。
以下の画面でプロパティボタンをクリックして下さい。


追加したいメール設定を選択して追加ボタンをクリックします。
メール設定のプロパティ画面のbouncing設定をクリックし、表示された以下の項目にクリックしてチェックを入れます。


次に使用するサーバタイプを選択します。アドバンスドアカウントボタンをクリックします。


bouncing項目をクリックしてエラーメールを送信するサーバーのタイプを選択します。リモートとローカル両方を選択してください。以上で設定完了です。全てOKで閉じてください。もしも送信認証が必要な場合はこちらの図サンプルをご覧下さい。



スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader