プロバイダーサポセン日記 金かかっとんじゃ〜!

このページはフレームメニューです。メニューを表示するにはここをクリック
2002年10月7日
思えばYAHOOBBがブロードバンドの普及にすごく貢献しました。

その昔電話会社が提供するインターネット1.5Mの専用線で15万円/月の値段でした。
その昔といってもそんなに昔ではありません、2000年辺りまでは上記の値段だったと記憶します。
64kbpsの専用線で4万/月だったと思います。

いまやそれが個人レベルでそれもたったの5000円/月で8M〜12mを利用できるのだから凄いですね。

但し一般ユーザーの中でインターネットを仕事で利用している方が結構いらっしゃるのですが、ADSL回線の性質から考えると、あまり信頼度が無いのでどちらかと言うとビジネス向きでは無いです。
趣味レベルでヘビーユーザー向けのADSLと考えてもらいたい。

以前から申し上げるように、非常に電波に干渉されやすい帯域の周波数を利用するので、例えば自動車無線なんかでも回線が途絶えます。
実を言うとパソコンから発生する電磁波にも弱いんです。

なのでビジネスで商用利用するのであれば別線(CATV/有線の同軸ケーブル、FTTHの光ファイバー)
でのインターネット利用をお勧めします。でないといざと言うとき繋がらないなんて事にもなります。

よく私どものISPにもADSLのトラブルでこんな電話が入ります「仕事で使ってるのにつながれへんやんけ〜!!どないするんじゃぁぁぁぁ〜!」「何百万そんしたんじゃぁぁぁ〜!
と言ったクレーム(昨日もありました)が入りますが・・・そんなもんお前がわるいんじゃぁぁぁ〜!(^^;

専用線じゃないことを加入時の利用規約に書いてるのに、頭のおかしい人間が、あたかも専用線のごとく文句を言ってくる。困ったものです。

このページはフレームメニューです。メニューを表示するにはここをクリック

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader