ホームページを見ただけで感染するウイルスを予防









最近ストームワームと言う言葉を耳にしたことは無いでしょうか。
迷惑メールに貼り付けられた案内先のURLのホームページを見るだけで、ワームウイルスに感染すると言う恐ろしいパソコンウイルスが流行中です。(詳細シマンテック

他には、画像ファイルに偽装(画像ファイルアイコン)した、パソコンのハードディスクをフォーマットしようとするトロイの木馬(詳細ITPor)等、ホームページには危険が沢山存在します。

これらの脅威から少しでもご自信のデータ資産を保護やパソコンウイルスの踏み台にされない為にも、ホームページを見ただけで感染するパソコンウイルスを予防する方法を案内させて頂きたいと思います。

注意!!最新のストームワームには対応しておりません。(2008/01/03現在)マカフィーサイトアドバイザを併用且つ、意図不明なファイルはオンラインスキャンを併用し安全性を確保下さい。

DrWEBリンク先チェッカー機能

WEB上に貼り付けられているリンク先にパソコンウイルスが存在するかを、該当リンク先URLのページを開く前にチェックする事が出来る

ダウンロード先URLのデータ内にパソコンウイルスが存在しないかをチェックする事が出来る。

注)パソコンウイルスを駆除する機能はありません。警告が表示された場合は速やかに閲覧中止など自己防衛的なツールになります。

ブラウザ別セットアップと利用方法
▲ページトップへもどる

スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader