XP サービスパック2削除方法&注意点


戻る >
サービスパック2をインストールして、インターネットサービスに不具合が出た場合、削除(アンインストール)することで、不具合を改善できる場合もあります。
※但しサービスパック2にアップデートされた後にセットアップされたソフトウェアー又はサービスに付いては利用できなくなる可能性があります。またWindowsXPに保存されているWEBサービス等のIDパスワードも削除される可能性があります。アンインストールの前には必ず上記の事柄に注意の上、必要であればバックアップの上作業を行ってください。

※最新のパソコンにはあらかじめ、ServicePack2が導入されています。その為バージョンダウンを行うことは出来ません。

「スタート」→「コントロールパネル」→「プログラムの追加と削除」を選択します。


下はコントロールパネル画面です
※クラッシック表示とは異なりますが、同じメニューです。


 プログラムの追加と削除 画面です
項目の一番下の方に【 Windows XP Service Pack2 】と言う表示があります
Windows XP Service Pack2をクリックして選択し、右側の【 削除 】をクリック


削除ウィーザードが開始されます。【 次へ 】をクリック


プログラム動作不具合確認。【 はい 】をクリックしないと削除できません。キャンセルの場合は【 いいえ 】をクリックして下さい。
※サービスパック2をインストールする以前のプログラムでは問題はなかったのですが
WEBサービス(InternetExplorer)に保存されているIDやパスワード、InternetExplorerツールバーがサービスパック2削除後に、利用出来なくなりました。
※2、利用出来なくなったソフトウェアーに付いては再インストールが必要です。IDやパスワードは復活できませんので、サービスパック2の削除前にバックアップしておく必要があります。またその他のソフトウェアーのデーターもバックアップしておく事をお勧めいたします。


削除中の画面です。しばらく時間が掛かります。


削除完了画面です。【 完了 】をクリック。Windowsが再起動して作業完了です。

戻る >

スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader