文字 修正 バックスペース デリート キー を使ってみよう


文章を書いていて誤字を発見した場合や\文章を一部修正したい時に参照していただけましたら幸いです。
★下図はキーボードのイメージ図です。メーカー製の特殊なキーボード以外は図と同じ位置にバックスペースキーデリートキーが有ります。
もし下図と異なるキー配列の場合は各自探してください、
バックスペース:BackSpace デリート:Delete (とそれぞれ書いております)



バックスペースを使ってみよう。バックスペースはカーソル(※カーソルを図で見る)位置よりも手前の文字を消す事が出来ます。
修正や消したい文字の後ろに、クリックしカーソルを点滅させ、バックスペースキーを押すと文字が消えます。
バックスペースを使った文字を消す方法を図で見る→ここをクリック


デリートを使ってみましょう。デリートはカーソル位置よりも、後ろの文字を消す事ができます。
修正したい文字の前に、クリックしてカーソルを点滅させ、デリートキーを押すと文字を消す事ができます。
デリートキーを使った文字を消す方法を図で見る→ここをクリック

エンターキーで文章の行を開けて見ましょう。行を空ける方法を図で見る→ここをクリック
エンターキー(決定キーとも言います)の位置は↓


行を詰めるにはデリートキーを使います。行を詰める方法を図で見るには→ここをクリック。


その他にも沢山使い方があります。文字を一枡開ける(スペースキー)一枡詰める(デリートキー)等があります。下の文章で色々試してみてくださいね。




スポンサードリンク

|パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる | オンライン通販 | ショップブランドパソコン | DVDとCD編集ツール | Avast |

 Subscribe in a reader