プリンター使うよりスクリーンキャプチャーを使って見よう






スクリーンキャプチャー

一般的なWindwsの画面を写真画像のように、画像ソフト上に映す事が出来るサービスの事です。

例えば、気に入ったデザインのホームページやコンテンツを友人や家族に見せたい場合等、結構皆さんプリンターを多様している様にお見受けします。

プリンターだと簡単にホームページ上のコンテンツをコピーする事は可能ですが、プリンターがない場合はどうすれば良いのでしょうか?

それは、Windows画面をそのまま画像データにして、YAHOOさんのブリーフケース等に保存しておくことで、プリンターがなくても何時でも参照が可能になります。

スクリーンキャプチャーの作業はとても簡単なので、是非一度やって見てくださいね。

スクリーンキャプチャー方法

何か気に入ったインターネットページが存在した際、スクリーンキャプチャーします。
方法は簡単、キーボードの「PrintScreeen」キーを押すだけ


例えば、気に入った価格のパソコンをじっくり検討したい場合、プリンターで記録するのではなく他の場所でも参照する事が出来るようにスクリーンキャプチャー作業を行いたい場合、記録しておきたい場面にキーボードの「PrintScreeen」キーを一回押します。


次にWindows付属の画像ソフト(ペイント)を出しておくと便利ですので、スタートメニューからアクセサリーを選択して「ペイント」を起動させます。


以下の様にペイントが起動できましたら「編集」をクリックして「貼り付け」をクリックします。


以下の様に旨くキャプチャーできたかを確認します。ペイントソフトの右上にある■のボタンをクリックすると画面を大きくして確認する事が出来ます。右図の真ん中のボタン



Windows画面の画像をデータ化したいもので間違いなければ保存作業を行います。
ペイントソフトの「ファイル」をクリックして名前を付けて保存をクリックします。


キャプチャーしたデータを保存します。
まず名前を付けて保存の画面が表示されるので、保存先をまず確認します。概ねマイピクチャーが自動選択されていますのでそのまま保存で結構です。
次に保存データ形式を指定します。そのまま保存を行うと、データ容量の大きなBMP形式になってしまい。このままでは何かと不便なので、ファイルの種類からJPEGと言う形式(画像データを圧縮してデータを小さく出来る形式)を選択します。


次にファイル名を決めて保存します。ファイル名は何でも結構です。私は「気になるパソコン」と任意のファイル名を付けて保存してみました。


残っているペイントソフトはそのまま消して頂いても大丈夫です。


次にキャプチャー保存したデータを確認してみましょう。
スタートからマイピクチャを開きます。(キャプチャーされた任意の保存先を開きます。)


以下の様に保存されているので、ダブルクリックすると何時でも参照する事が出来ます。


最後にキャプチャーしてデータ化にするメリットとして、この保存しているデータをYAHOOブリーフケース等に保存しておく事で、何時でも何処でも参照できますし、何か他の方に画像を参照頂いてアドバイスを受けることが出来る点です。

YAHOOさんの無料ブリーフケースの使い方はこちらを参照下さい。


例えば、気に入った図ではなくWindowsにトラブルが発生した状況でエラーメッセージが表示される状況等をキャプチャーしてブリーフケースやメールで送信して、友人にトラブル対策アドバイスを受ける事が出来るようになります。

例えばメールのエラー状態等をキャプチャーして友人にアドバイスを受ける等。プリンターでは出来ない事を可能にする事が出来ます。


プリンターより利便性が高くどのWindowsでも無料で出来るスクリーンキャプチャーを一度練習してみてくださいね。

簡単ですが説明は以上です。

スポンサードリンク

パソコン勉強部屋 | パソコン勉強部屋2 | ADSL勉強部屋 | メール勉強部屋 | LAN勉強部屋 | ホームページ勉強部屋 | 自宅サーバー勉強部屋 | お役立ちソフトの部屋 | C言語勉強 | 無料ゲーム | 無料セキュリティー | Linuxのコーナー | あかかげまる  オンライン通販ショップブランドパソコンDVDとCD編集ツール | Avast

 Subscribe in a reader


▲ページトップへもどる