Home/Warftpセットアップ/warftpクライアントアクセス設定方法
WarFTP
簡単ファイル共有FTPサーバーを利用しよう。WarFTP(8/10訂正。訂正箇所はここ


簡単FTPサーバーツール、WarFTP Daemonの紹介。
フリーツールのwarftpツール。WAN側での利用はもちろんローカルでも簡単に利用できます。
家庭内LAN、小規模オフィースLNA、大規模LAN内でファイルの共有など利用幅は非常に広い。

ファイル共有についてよく問い合わせを頂きますが、warftpを使えば簡単にファイル共有が出来ます。
warftpに簡単WWWサーバーを組み込めばさらに便利ですね。
もちろんWindows95/98/me/2000/xpにて利用出来ます。
WAN側で利用しないのであれば、セキュリティー面ではWindowsのTCP/IPファイル共有を利用するよりもはるかに安全しかも簡単。

WarFTP ファイル共有でいるもの
WarFTP 本体と各パソコンでFTP通信するために必要なFTPツール(フリーソフトFFFTPはこちら



↓簡単お勧め日本語WWWサーバーソフト
AN HTTPD
 インストールするだけでOK、CGI/SSIデフォルトで動作します。

LAN上利用する前にあたって・・
WarFTPをインストールするパソコンはLANアドレスを固定する必要が有ります。
LAN+WAN(インターネット)利用のネットワーク環境ではデフォルトゲートウェイアドレスを参照し
デフォルトゲートウェイアドレスに併せて設定すれば良いでしょう。
XP/2000のローカルアドレス固定方法はこちら
95/98/MEのローカルアドレス固定方法はこちら


WarFTPの入手。↓


ダウンロード直リンク↓
WarFTP1.70beat (サイズ3.54Mb)

WarFTP1.82RC1 

ダウンロード完了後すると↓ファイルが有りますのでダブルクリックして下さい。



iインストール開始メニュー


WarFTPインストール画面
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
↓インストール先フォルダー
※デフォルトでOK
C:\Program Files\War-ftpd
「Next」ボタンをクリック。

WarFTPインストール画面
Nomal installにチェックして
「Next」ボタンをクリック。



WarFTPインストール画面
Jgaa's Freewareを選択し
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
インストール中
10秒で完了。

WarFTPインストール画面
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
恐らくここをご覧のユーザー様は初めてインストールになると思いますので。
New installationにチェックをして
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
デフォルトで
Jgaa's Fan Club FTP serviceと表示されますのでそのまま「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
run as a system serviceにチェックし
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
そのまま
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
インストール先↓デフォルトでOK
C:\Program Files\War-ftpd\FTPRoot
「Next」ボタンをクリック。



WarFTPインストール画面
Allow anorymous accessのチェックを外し
※↑は後から修正できますので、anorymous accessを許可したい場合はそのままでもOK
「Next」ボタンをクリック。

---8/10追記訂正箇所です。---
下記の設定を変更するには、一旦WarFTPをアンインストールした上、再インストール時に設定する必要があります。

Allow users to list the contents of the public upload directoryにチェックを入れるとフォルダーを一括アップすることが出来ます。

Allow users to download form the public upload directoryにチェックを入れるとフォルダーを一括ダウンロードすることが出来ます。


WarFTPインストール画面
WarFTP管理者のパスワードを設定します。
PasswordとReenterには同じパスを入力します。
数字のみでもOKです。
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
システム管理者宛てのメールアドレスを設定します。何でも結構です。
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
Port番号
通常インターネットでは21番が使用されますが、もしセキュリティー面を気にするなら
80、110、25、以外のポートを設定しましょう。
※ここを変更する場合はアクセスするクライアントの番号も同一の番号に変更が必要になります。
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
チェックのところは自動的にセットアップとともにチェックが入りますので全てのチェックが入るまで待ってください。
全てのチェックが入りましたら
「Next」ボタンをクリック。


WarFTPインストール画面
セットアップ完了画面
「Finish」ボタンをクリック。


WarFTPの起動画面
先ほど設定した管理者のパスワードを入力するとWarFTPの管理画面が表示されます。


WarFTP起動画面
この画面はシステム管理画面です。
デフォルトでFTPサーバーは動作しますので
消して頂いてもOKです。


WarFTPはWindows画面右下に常駐します。
FTPシステムを管理変更したい場合は
アイコンをダブルクリックするとシステムログイン画面が表示されます。

Home/Warftpセットアップ/warftpクライアントアクセス設定方法